Security

BlockChain
KSIはエストニアで設計されたブロックチェーン技術であり、ネットワーク、システム、およびデータが100%のデータプライバシーを維持しながら、グローバルに使用されています。

エストニア電子政府ネットワークに展開されたKSIブロックチェーンでは、誰も履歴を書き換えることができず、電子データの信頼性は数学的に証明されています。 つまり、ハッカーも、システム管理者も、政府自身でさえも、誰もデータを操作して取り除くことができないのです。

電子法律
e-Lawシステムとは、エストニア司法省のオンラインデータベースであり、2003年2月以降に提出されたすべての草案を読むことができます。これはブロックチェーンを使用して構築されており、法案作成の電子調整システムとして正式に知られています。

e-Lawシステムを利用することで読者は、誰が立法を提出したのか、その現在の状況、そして議会を通過したときの変更があればそれらも見ることができます。 法律ができると、それは検索可能なデータベースである「Riigi Teataja」というオンライン州公報に掲載されます。

同様のシステムがタリン市議会でも使用されているのですが、市議会のホームページで市法やその他の文書を入手できる一方、オンラインですべての評議会の議論を追うこともできます。これらのプロジェクトは、国家における前例のないレベルの透明性を作り出し、汚職を減らし、それだけでなく市民が立法業務に積極的に関心を持つよう促しています。

翻訳も進んでいる!

国際協力とビジネス協力を強化するために、現在、約500件の法的行為がエストニア語から英語に翻訳されています。 2014年以来、185の国々の人々が翻訳された法律を見てきました。

残念ながら日本語はまだですが、重要なものは私が翻訳しましょう。

電子裁判

民主主義の基盤である司法手続は迅速なものでなければなりません。 エストニアは、完全に自動化された裁判プロセスと電子通信ツールのおかげで、世界で最も効果的で効率的な裁判制度を持っています。

e-Courtシステムは、すべての裁判手続を管理するための完全に包括的なシステムです。 この解決策は、法務省のエストニア裁判所で実施され、実際に2015年以来ペーパーレス手続が行われています。

申し立ては、公式ポータル24時間365日入力することができ、1時間以内に裁判所書記官が事件を確認し、最初の聴聞会を指定することができます。 確認後、割り当てられた裁判官のために必要なデータがポータルに配信される一方で、裁判官やその他の参加者は、証拠を電子的に提出したり、質問に答えたり、法的代理人や弁護士を関与させることさえできます。

事件が単純な場合、審理は裁判所に行く必要なしに電子的に行われ、 すべての参加者には、X-Roadを使用して公開ポータルを通じて決定が送信されます。 最後に、締め切り手続きや執行手続きも自動化されます。罰金でさえ物理的に支払いに関わることなく自動的に回収されるのです。

電子警察

エストニアの電子警察システムは、最良のコミュニケーションとその調整を提供することが最も効果的な警察につながるという原則に基づいて動いています。 これには2つの主要なツールが含まれており、

1. 各パトロールカーに設置されたモバイルワークステーション

2. 役員の位置とステータスごとに本社を示すポジショニングシステム

これらを用いて管理されているのです。

また各パトロール車両の位置および状態に関するオペレーションセンターのリアルタイム情報を提供するシステムも備わっています。 この情報は地図上に明瞭に表示され、コールが着信するたびに司令官が最も近い車両を送信して応答時間を改善することが容易になります。

「モバイルワークステーション」はパトカーに設置されており、居場所、写真、電話番号または運転免許証、車両、所有者、ユーザー、技術検査情報などの重要な情報に瞬時にアクセスすることができます。 事実、警察は十数の関連するデータベースにアクセスが可能で、車両が盗難されているかどうかなどの情報を瞬時に得ることができるようになっています。

これ以前は、無線で処理されていたため、通常15〜20分かかっていましたが、現在はわずか2秒しかかかりません。 このことで、役員は重要な電話に応答する時間をより増やすことができ、より効果的な警察業務を可能にしているのです。