Mobility Services

自動運転

近年、政府や産業は、ユーザーが公共交通機関を最大限に活用できるようにする高度なサービスである交通システム(ITS)を使用して、これらのネットワークを改善し始めています。

たとえば、2017年3月、エストニアは国のすべての国道および地方道路で自動運転をテストすることを合法化しました。 定期的な道路や交通状況で、完全自律型車両を使用するための完全な法的、およびサイバーリスク管理の枠組みを作成する作業も現在進行中です。

政府の見方では、自動運転は単なる車ではなく、民間部門と公共部門の両方に及ぶ大変大きな一歩です。 これはエストニア全域で、より効率的で便利で持続可能な新しい公共サービスを提供するための目標の一つでもあります。

その目的は、自動運転を使用して公共交通システムを再構築することです。 政府は、艦隊管理システムを作成し、そのような乗り物を公共交通機関のシステムに統合しようとしています。 同様に、政府は、他の公共サービス分野でパイロットを産み、自律的な移動性に基づく公共サービスの新しい配信モデルを模索する予定です。

Mobile Parking

モバイル駐車場は、エストニアの私有駐車場や公共駐車場で使用できる便利なシステムで、運転手が携帯電話で駐車料金を支払うことができます。 このシステムは、ダウンロード可能なアプリを使用して手動で使用でき、すべて自動的に行うように自動モバイルパーキング用に設定することも可能です。(しかし、現金が必要なパーキングもまだまだたくさんあるぞい!w)

携帯電話の設定で位置情報が有効な場合、モバイルパーキングアプリは2つの最も近いパーキングエリアを表示してくれる機能もあり、駐車開始および終了に時間はかかることはなく、また過去6ヶ月の駐車セッションの概要も表示できます。

この完全自動化モバイルパーキングによって、駐車もさらに簡単になります。 どういうことかと言うと、エンジンを切ると駐車セッションが開始され、車を再起動すると駐車セッションが終了するという仕組みです。この自動駐車機能を使用するには、スマートフォンに正しいアプリをインストールし、Bluetoothを使用して車とスマートフォンをリンクする必要がありますが、インストールする価値はあるでしょう。

このアプリの他の機能としては、有料駐車場に駐車する際に正しい駐車区域を選択し、支払いを開始、そして終了できる点です。 ユーザーは駐車場の開始と終了に関する通知をアプリから受け取ることができます。 月末には、駐車料金が運転手の携帯電話料金に加算され、一緒に決済できるという流れです。

Boder Queue Management

ボーダーキュー管理サービスは、ICTベースのツールで、車やトラックのドライバーが国境を通過するためのタイムスロットを確保できるため、並ぶ必要がなくなります。 現在このサービスは、エストニアのロシアとの国境にある3つのチェックポイントすべてで使用されています。

2011年にシステムが導入される以前は、乗用車とトラックは先着順に処理され、運転手が国境付近で数時間または、数日間も待たされていました。 トラックドライバーにとっては、この待ち時間は疲労や犯罪に繋がります。

待ち行列を電子化することで、ドライバーは指定された時間にチェックポイントに到着し、すぐに処理が行われることで、待ち時間を平均30分短縮できました。 これにより運転者の生活を大幅に改善することだけでなく、物流会社はより良い計画を通じて数百万ユーロを節約に繋がったのです。