Healthcare

電子健康記録

電子健康記録(e-健康記録)は、エストニアの様々な医療提供者からのデータを統合して、全患者がオンラインでアクセスできる全国的なシステムです。

e-健康記録は、集中管理された全国的なデータベースのように機能し、実際には様々なシステムを使用している様々なプロバイダから、必要に応じてデータを取得し、電子患者ポータル(リンク)を介して提示します。 1つの電子ファイルから患者の記録に簡単にアクセスできる医師のための強力なツールで、遠隔の病院からのX線などの画像ファイルを含め、医師は入力時に検査結果を読み取ることができます。電子カルテおよびシステムアクセスログの完全性を保証には、ブロックチェーンが使用されます。

緊急事態では、医師は患者のIDコードを使用して、血液型、アレルギー、最近の治療、進行中の投薬または妊娠などの時間が重要な情報を読むことができるようになっています。 このシステムはまた、国家統計データにも利用され、省は健康の傾向を測定し、流行を追跡し、その健康資源を確認することができます。

患者は自分の記録だけでなく、子供の記録にもアクセスできます。 そして電子IDカードを使用してe-Patientポータルにログインすることで、患者は医師の診察と現在の処方箋を確認し、どの医師が自分のファイルにアクセスできるかも確認することができます。

電子処方箋

エストニアの最先端電子ヘルスケアシステムである電子処方箋システムの革新の1つは、医療処方の発行と処理のためのペーパーレスシステムです。 医師がシステムを使用して薬を処方するとき、オンライン形式の助けを借りて電子的に医師が処方します。 薬局では、患者が行う必要があるのはIDカードの提示だけです。 その後、薬剤師は、患者の情報をシステムから取り出し、薬剤を発行します。

電子処方箋システムは国民健康保険基金のデータを利用するため、患者が権利を有する州の医療補助金も表示され、それに応じて割り引かれます。 このシステムのもう1つの大きな利点は、医師の診察は、もはや処方を繰り返す必要がないことにあります。

患者は電子メール、Skypeまたは電話で医者に連絡することができ、医師は数回のクリックで繰り返し処方を行うことができ、一方で患者は最も近い薬局から薬を収集することができます。

今日、全国の処方箋の95%以上が電子的に発行されています。 これにより、患者や医師の時間が節約され、病院の管理上の負担が軽減されているのです。