Business and Finance

e-Tax

e-Taxは、エストニア税務税関が設定した電子税申告システムです。 毎年、エストニアのすべての税申告書の約95%が電子的に提出されています。

納税者は、IDを使用してシステムにログインし、事前入力フォームでデータを入力、あるいは変更を行い、申告書を承認します。 これらのプロセスは通常3〜5分くらいで終わり、ワンクリックで税務申告が可能です。すでにシステムに登録されているデータが計算結果と一緒に表示されるので、ユーザーは確認ボタンをクリックするだけです。 全部で1分もかかりません。

個人所得税申告に加えて、システムで行うことができるその他の申告も紹介しておきます。

  • 所得税、社会税、失業保険、強制年金基金への拠出に対する企業の宣言
  • 付加価値税の申告
  • アルコール消費、タバコ消費、燃料消費および梱包消費税還付
  • INF宣言
  • 税関申告

e-Banking
エストニアの銀行は、電子化を全面的に受け入れ、顧客にIDカードを使用して安全な取引をしています。また無料のカードリーダーを贈呈し、質の高いインターネットバンキングサービスを開発、そして提供されており、 今日、全国の銀行取引の99%以上がオンラインで行われています。

メリットとしては、

  • 世界中のどこからでもいつでもインターネットバンキングサービスにアクセスできます
  • 銀行に行かなくても取引をオンラインで行うことができます

このオンラインサービスは24時間365日利用でき、典型的な銀行業務時間を大幅に改善することに成功しました。 エストニアの電子バンキングシステムは、手続きや書類の郵送が面倒な他国とは対照的に、シンプルで安全で実用的です。

革新的なエストニアの電子バンキングアプリである「Pocopay」を利用すると、お客様は携帯電話から銀行口座を開設することができます。これは現在オランダやスペインでも利用可能です。 Pocopayは、消費者が手形を分割し、電子メールアドレスまたはQRコードを使用してお金を要求し、MasterCardなどのデビットカードを介して支払いを行うことができるので、移動中の人々にとって非常に便利です。

2017年の規制変更に基づいて、電子IDまたはe-Residencyカードと、ビデオインタビュー録画および顔認識技術を使用して銀行口座開設がオンラインで可能になりました。 銀行は、顧客の身元確認のセキュリティを強化することにより、顔を見合わせることなく、どこからでも顧客を迎えることができる技術を開発するため、現在熱心に取り組んでいるようです。

電子起業

エストニアの電子起業は、数分間で新しいビジネスをオンラインで登録できるようにする先進的なツールです。 2011年からはこの「e-Business Register」を使用して、インターネット上でほとんどの企業が設立され、会社登記にかかる時間は、5日から18分に短縮されました。

e-Business Registerでは、インターネット上で新しい会社を登録したり、ビジネス登録簿のデータを変更したり、年次報告書を提出したり、政党のメンバーリストを管理したり、他の会社についての詳しい照会を行うことができます。 エストニアの会社を登録するために必要なのは、IDカード、Mobile-IDまたはe-Residencyカード、インターネット接続だけです。

「e-residency」を取得すれば、エストニア以外の市民もエストニアに会社を設立する際に、e-Business Registerにアクセスし、これらサービスを使用することもできます。 電子起業は、企業を登録し、年次報告書などの文書をどこにいてもオンラインで、簡単かつ効率的に提出するプロセスなのです。