外国の法人口座でも可能になりました。

投稿日:

元サイトはこちら(英語)

エストニアの商法には、最低資本金2,500ユーロを登録する要件が含まれている。

株式資本の支払いは、最大10年間延期することができるため、ほとんどの起業家はこれを行う。代わりにその会社は完了するまで配当金を支払うことができないが、その間、彼らは投資の準備が整うまで、企業の成長に集中することができるという点もある。

これまでの商法では、エストニアの信用機関のみが利用可能であると述べられていた。その会社がエストニアの銀行口座が必要かどうかに関わらず、エストニアの銀行口座を開設することが絶対条件だった。

2019年1月から施行される商法改正では、EUのすべての国とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーでは「欧州経済地域(EEA)のクレジットまたは決済機関」を使用して株式資本を登録することができるようになる。

つまり、エストニアで会社を設立しても上記の国であれば法人口座をエストニア外で持つことができるのだ。

これは、ビジネスアカウントを提供する銀行業者の種類を拡大することにも繋がる。 「信用機関」は銀行だが、「支払い機関」は多くの金融技術(または「fintech」)企業も網羅している。

エストニアは、e-レジデンシーをはじめとし、ロケーションに依存しない起業家を支援する方向性で動いている。多くの企業の本拠地として世界中のこの変化の最前線に立とうという試みがあるため、今回の改正に至ったのだろう。

この商業法の改正は、市民、住民、または電子住民のいずれであっても、ビジネスバンキングにおいて、利益になる話であろう。

エストニアの銀行は依然として顧客を直接確認していますので、エストニアを訪問する必要がある。これは正直、時間とお金をかなり投資することになってしまう。さらに、銀行はビジネスモデルの性質上、リスクを考慮する結果、エストニアにとって利益にならない、あるいは非居住者の広範囲にわたるサービスを提供することはできないでいる。

これが銀行開設を難しくしていることの一つである。

この要件は、起業家の選択を制限するだけでなく、世界中の多くの人々にとって起業家精神の障壁が高まり、e-レジデンシーの恩恵を受けることはできなかった。

この改正は、e-Residencyプログラムの改善に大きな効果をもたらし、世界中の人々がエストニアへの外国投資を開放しながらより多くの人々に利益をもたらすことがしやすくなるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です