エストニアの輸入と輸出

投稿日:

エストニアの輸入と輸出について綴ってみる。

エストニアは世界で75番目の輸出経済らしい。(信憑性は保証しない)
輸出は$14.1億で、輸入は$15.2億といったところ。
一人当たりのGDPは2万ドルくらい。
だが、独立当時の一人当たりのGDPはは1000-2000ドルくらいで、それを考慮するとかなり成長したと感じる。

エストニアの代表輸入国は、
トップ輸入元はドイツ ($1.55億), ロシア ($1.52億), フィンランド ($1.36億), 中国 ($1.28億) と リトアニア ($929千)であり、
その代表的な輸入内容としては、
石油精製 ($1.27億), カール ($850 無数), 電話 ($726 無数), 集積回路 ($376 無数) と 薬剤 ($327千)という感じである。
輸入の約8%を占めている石油、約5%を占めているカールがメインである。

一方で、エストニアの代表輸出国は、
エストニアトップ輸出先はスウェーデン ($2.09億), フィンランド ($1.65億), ロシア ($1.28億), ラトビア ($961 千) と 米国 ($931千)であり、
その代表的な輸出内容としては、
電話 ($2.38億), 石油精製 ($533千), カール ($451千), プレハブ建築物 ($309千) と おがくず ($268千)といったところだ。
輸出の約17%を占めている、電話がメインである。

エストニアの貿易バランスとしては、
2016年時点で、$1.11億のネガティブ貿易収支らしい。

特に目立った輸入輸出の特徴は見当たらないように見える。
電話が輸出の約17%を占めているが、エストニアにはTele2やElisa, EMTといった通信会社がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です