Hackathonで賞を取ったらしい(上)

投稿日:

先日Tallinnで行われたHackathonに参加して来た。
週末の金土日をフルで使ってのハッカソン。テーマはデザイン系がメインだったのかな今回は。

そんな中なんとなく参加した僕の目的は、優勝でも起業でもなく無料飯である。そう。Hackathon開催中の3日間は、朝昼夜全ての飯が無料で提供されるのだ。これまでも、無料飯のために数々のpitchingやビジコンに参加してたのだが、それくらい貧乏学生である私にとって無料飯は大切なイベントであり、自分の参加理由を十分満たすものでもあった。

Hackathon初日。
アイデアを持っている人は、全員の前で簡単にその自分のアイデアについてプレゼンをし、一緒に3日間戦ってくれる同志を募らなければならない。もちろんアイデアがなかったり、人前に出るのがちょっと恥ずかしいかな、という人は椅子に座って他の人がプレゼンしているのをみて、どのチームに入るかを吟味する。
僕は人前に出るのは好きな人間なので、とりあえずノリで僕もAR関連でプレゼンテーションに臨んでみた。ただ、人前に出るのが好きというのは、「目立ちたい」というような一般的な承認欲求から派生するものとは少しずれており、プレゼンテーションは、普段全く注目されない相手にしてもらえない僕にも、自分が好きなように話していい機会を必然的に与えてくれるものであり、そしてみんながそれなりには聞いてくれるという、その感覚を味わいたいだけだった。実際のプレゼンテーションは、良いアイデアを持って来た訳でもなく、その場のノリで話しただけなのでみんなの前で話している間、「俺、何言ってるだ」状態に何度か陥ったが、なんとか切り抜けることができた。そのあと、自分のアイデアが書かれた看板を持って、自分に興味を持ってくれたものをチームに誘い込む。

しかし、ここで問題が発生した。
ジェルで頭をカチカチに固めたビジネスかぶれ中国人や、表参道の路地裏の小洒落た店で売ってそうなジャケットに寿司みたいな髪型をした白人ビジネスマンかぶれには人が集る一方、部屋着に有機野菜みたいな髪型の僕の所には誰一人来やしない。

「そうか。僕はこのまま収穫されることなく土にかえるだけなのか」

結局ステージをおりてしまえば、誰一人僕に注目してくれず、それを仕方ないと思って納得したりしたが、とはいえ待っていても3日間何もしないで終わってしまうので、自分から話しかけていく戦法に出ることにした。もちろんこういうイベントは、やたらコミュニケーションを大事にしたがる人間が多く集まっているせいか、話しかければ何人か話をすることはできる。しかし、見たところ皆結局他のチームで寿司を握るようだった。
その中で一人、同じようにARでHackathonに臨んでいる女性を見つけた。話してみると彼女もまだ仲間が見つかっていないらしい。売れ残った同士、と言ってしまうとどこか寂しい響きだが、せっかくだから一緒に挑戦してみない?と提案してみた。

「いいけど…」

彼女は暗い同意をしてみせた。顔を覗くと今にも泣きそうな顔である。そんなに僕に話しかけられたのが悲しかったのか、それとも僕が一人ぼっちであることへの同情なのか。彼女は深夜の団地のエレベーターのように暗く、悲しそうだった。

そのあと、もう一人日本人の友人を取り入れ、3人でやろうか、という形に進んでいった。とりあえずは一人ぼっちを逃れ、一緒にやる居場所を見つけることに安堵を覚えたが、問題だったのはそのあと開会式の途中で、彼女が自分のアイデア看板をゴミ箱に捨てて帰ってしまったことだった。自分のアイデアを誰にも認めてもらえないということは、とても悲しくて寂しいことなのかもしれない。Hackathonという小さいコミュニティーですら、人は周りに承認されたくて、それが受け入れられないとなると、自分の全てを否定された感覚が全身にギスギス痛むのかもしれない。さっきまで彼女が舞台でプレゼンをし、仲間を募っていたことを覚えている人は、この会場にどれだけいるのだろうか。僕の心には、悲しみだけがこだました。

地球の反対側で、二人取り残された僕たちジャパニーズ。別に二人でできないことはないが、海外のHackathonで日本人だけで組んでも流石に面白くない。そのことをHackathonのオーガナイザーに伝えにいくと、
「他にまだ余っている人いるよ」
と教えてくれた。確かにまだ数名どのチームに参加するか決めかねている優柔不断キラキラ女子大生が残っていた。近くに寄って行くと、

「あなたたちのアイデアは何?」

と食い気味に聞いてくるので、簡単に内容を答えると、

「私このチームにするわ」

と言ってエストニア人の子が急遽一人加わることになった。しかし、彼女様子からして自分が決まってないことに焦っていたのか、決まればどこでもいいというような態度だった。彼女もまた自分を受け入れてくれる場所、自分の居場所難民だったのだろう。日本人は周りを気にするとはいうが、海外も同じである。むしろ僕には外国人の方が周りを気にしているように見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です